【すでに常識】転職で年収が上がるという新事実。

自衛官の転職・再就職

あなたが自衛官から転職しようと思ったとき、
一番不安なことってなんですか?

新しい職場、新しい人間関係とか色々あるかもしれませんが、最も不安なことは、

「収入が減ること」

ではないでしょうか。

・再就職した先輩たちは軒並み年収は三分の一。

・転職していった先輩も『年収下がるのは仕方ない』と言い残して転職していった。

こんな状況を見たら転職なんてできるわけないよな、家族も家もあるし…。

そんなあなたに朗報です。

なんと実は、「年収を上げる手段」としての転職が

『常識化』

してきているのです!!

この記事はこんなあなたにオススメです。

・自衛官からの転職を考えたけど、収入面で諦めた人
・民間で働きたい気持ちはあるけど、収入面の不安定さが心配な人

この記事を読めばこんなことがわかります!

・転職をしないことで、人生で得られるチャンスを棒に振っている可能性があること
転職で年収を上げる方法

データで見る「転職で年収は上がる?」

冒頭にもお伝えしたとおり、今や転職は『年収を上げる手段』です!

実はこんなデータがあります。

(「年収アップ成功者に見る傾向と対策」 https://doda.jp/guide/manual/1/004.html 2024年6月7日閲覧)

これは大手転職サイトDodaが公開しているデータで、転職の前後でどの程度年収が変わったかを示すものです。

このデータで注目してほしいのは、「平均アップ金額」です。

なんと驚愕の「90万円越え」……。

自衛隊であれば、普通に昇給を待っていたら、1年間に3万円〜5万円程度。
階級が上がれば、50万円くらい年収は上がります。

ですが、それをはるかにこえる年収アップ額ですよね。

一定の社会人経験があれば、中途採用での枠で年収を上げることも十分狙える、ということなんです。

実際自衛官から転職した人たちの年収はどうなっている?

転職で年収を上げられることはわかった。
けどこんなギモンもありますよね。

「自衛官から民間に転職する場合は、当てはまらないよね…?」

こんな質問に答えるために、八木の個人的なつながりがある人たちに聞いてみました!
すると驚愕の事実が明らかになりました……。

心して見てください。↓↓↓

陸上自衛隊12年勤務
→コンサルティング会社コンサルタント 
200万円アップ

航空自衛隊13年勤務
→コンサルティング会社人事 
50万円アップ

航空自衛隊10年勤務
→大手航空会社総合職 
80万円アップ

陸上自衛隊12年勤務
→通信会社リスク管理 
100万円アップ

いかがでしょうか?
ちょっとびっくりですよね。
「自衛官からの転職でも年収を上げることができる」という自信がちょっとでてきます。

八木自身も自衛官から民間に転職した際、年収は100万円単位で上がっています。
もちろん時の運もあったと思いますが、やったことはシンプルです。

自衛隊でやってきた仕事を
第三者に理解してもらえるように
整理する

これだけです。

加えて、今回インタビューをしていくなかで、みなさんが共通しておっしゃっていたのは、「それまでに経験したことを活かして転職活動をした」ということです。

つまり、自衛官からの転職で年収を上げるための方法は、資格の取得やスキルの習得ではなく、「今までに経験してきたことを活かす」だけなんです。

そして、上記の例で注目してほしいのは、

「みんな10年以上の自衛隊経験がある」

ということなんです!

つまり、

「自衛隊の経験はソトで通用する」

ということを意味していると八木は考えています。

実際にソトで働いている感覚としては、
「自衛隊で学んだ基礎があるから、今仕事をきちんとこなすことができる」
と感じます。

もしあなたが年収面で転職することを諦めているなら、チャレンジする価値はあると思います!

もっと詳しい転職活動の方法や書類の作成の仕方が知りたい!という方は、八木の公式LINEアカウントに登録すると、「自衛官専用履歴書テンプレート」「自衛官専用職務経歴書テンプレート」そして、「フツーの自衛官が最短で転職を実現するための9つの秘訣」e-bookを受け取ることができます!!

これらの無料特典の配布は予告なく終了する可能性があるので、早めに受け取ってくださいね!

受け取り方

以下からLINEを登録だけ!!
※利便性向上のため自動的に配信される仕組みにしていますが、もし来なかった場合、スタンプを送ってください!

それではまた!

タイトルとURLをコピーしました