【正直に言います】「ポテンシャル採用」は地雷です。

自衛官の転職・再就職

よく転職サイトや求人をみていると、

「ポテンシャル採用」とか

「ポテンシャルを重視します」

という記載をよくみますよね。


さらに、転職に関する記事でも、

「20代の転職はポテンシャル重視!」

「場合によっては30代前半も!」

なんて記事も見かけます。


これらの情報に触れていると、

「自分もポテンシャルで行けるかも…」

とか

「30代だけどポテンシャルでなんとかなる…?」

なんてことを思ったりします。


ですが、

正直に申し上げておくと、

自衛官専門の転職アドバイザー八木の回答はこうです。


自衛官はポテンシャルを

重視するような会社に

入ってはいけない




転職に悩む自衛官には、

今一度考えてほしいのです。




「ポテンシャル」

ってそもそも何でしょうか?


可能性、

まだ発揮されていない能力、

伸び代、

将来性、などなど





色んな意味があると思います。




求人に「ポテンシャル」と書いてあると、

なぜか

「自分にも発揮されていない能力があるかも!」

ということを期待します。



ですが、採用する側からすれば、

「能力が高い人がくればラッキー」

「会社にマッチすればさらにラッキー」

という非常に曖昧な要望でしかありません。


さらにいえば、

自分の会社なのに、

自分の会社に欲しい人材を

言語化する力がないのです。




つまり、

言語化する力がない = 指示をする能力が低い

指示をする能力が低い = 仕事の内容が曖昧

仕事内容が曖昧 = ミスや勘違いが多くなる

ミスや勘違いが多くなる = クビになる


これでは、

あなたの転職はうまくいったとは言えません。

そして、

また新たな転職活動をすることになります。




ただでさえ、転職活動が困難な自衛官が

さらに困る結果になるのです。



なので、
八木は「ポテンシャル採用」は地雷です、
とお伝えしています。


求人を探しているときに「ポテンシャル」を見かけたら、
気をつけて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました